オプティマバッテリー (OPTIMA) ユーノス マツダ ロードスター 〜 カーオーディオ

カーオーディオ(カーステレオ、自動車オーディオ)、スピーカー、アンプ、オプティマバッテリー/OPTIMA(レッドトップ、イエロートップ、充電器)、DeKaバッテリー、カーモニターの通販ショップです。国産(アルパイン、カロッツェリア)から輸入海外カーオーディオ(フォーカル、ダイヤモンド等)まで新品保証付にてネット販売致します。交換取付方法のサポート、配線、修理対応もご相談下さい。
カーオーディオ、オプティマバッテリーのサウンドウェーブメイワ
ご注文フォーム    カーオーディオお問合せ    バッテリーお問合せ   インナーバッフルお問合せ
トップページ  カーオーディオ商品一覧  バッテリートップ  ケーブル一覧   電源強化   ご利用案内 


ユーノス マツダ ロードスター に オプティマバッテリー装着



NA6、NA8 ユーザーの皆様、抜群の始動性を誇るオプティマ搭載を強くお勧めいたします!

オプティマバッテリー/OPTIMA 

オプティマバッテリーはドライバッテリーとしてレッドトップ、イエロートップ(ディープサイクル)は高品質、高性能です。

バッテリー交換、適合、充電器に関してはお気軽にお問合せ下さいませ。


オプティマバッテリー  トップページへ



YT-80B24LT2 と S46A24L(同等品) の比較
横幅、奥行きは、ほぼ同じです。


YT-80B24LT2 と S46A24L の比較
高さが違いますのでオプションにて対応。



国産純正→オプティマ 対応早見表オプティマ 対応早見表
車両      純正バッテリー品番 
幅Wx奥行Dx総高さ/箱高さH 
オプティマ品番 オプティマオプション品番
ユーノス ロードスター 初代
NA-6  1989.5〜1997.12
 E-NA6CE
NA-8  1993.8〜1997.12
 E-NA8C
バッテリー位置はリアトランク右側の床上
S46A24L(S)  D端子(大ポール)
 5時間率容量 36Ah
 238W x 129D x 162/187H  

通常は

YT-B24LT2(大ポール)

表の下に搭載例有ります

投稿      
ロードスター取付キット

 ・ロングタップJフック(特注ショートヴァージョン1本)
 ・絶縁被覆カバー小 GTP-011

2010年1月20日より

奥のJフックは純正をそのまま使用。
絶縁カバーは適当な大きさに切ってご使用下さいませ。絶縁カバーは発売時期により不要な場合もあるようです。
 ↑
とにかく大きいのを載せたい方
グレードアップを図りたい方

 レッド 925SL
または
イエロー YT925SL

 
オプション
・GTP-069
 
ユーノス ロードスター 初代
NA-6  1989.5〜1997.12
 E-NA6CE
NA-8  1993.8〜1997.12
 E-NA8C
バッテリー位置はリアトランク右側の床上
S46A24L(S)  D端子(大ポール)
 5時間率容量 36Ah
 238W x 129D x 162/187H  


とにかく大きいのを載せたい方
グレードアップを図りたい方

 レッド 925SL
または
イエロー YT925SL
 レッドトップ925SLに NAロードスター専用ステー GTP-069を取り付けたイメージ
イエロートップYT925SLに NAロードスター専用ステーGTP-069を取り付けたイメージ
・NAロードスター925系取付けキット GTP-069

取付け画像
マツダ ロードスター 2代目

NB-6 1997.12〜
NB-8 1997.12〜
バッテリー位置はリアトランクの右側の床下
S46A24L(S)  D端子(大ポール)
 標準、寒冷地仕様共に同じ
 5時間率容量 36Ah
 238W x 129D x 162/187H


 レッド 925SL
または
イエロー YT925SL
レッドトップ925SLに NBロードスター専用ステー GTP-070を取り付けたイメージ
イエロートップYT925SLに NBロードスター専用ステー GTP-070を取り付けたイメージ 
オプション
GTP-NB (バッテリーセットのみ)

商品ページ

投稿ページ1

参考ページ

ユーノスロードスター 3代目

NC 2005.8〜



エンジンルームに搭載
46B24L(小ポール)
 標準、寒冷地仕様共に同じ
YT-B24LT1(小ポール)
オプション不要 







NA6、NA8の装着画像です。

i様のご好意により画像頂きました。ご協力感謝致します。

参考車両のデーター
平成8年式NA8Cロードスター、シリーズ2
  シリーズ2は平成7年8月〜平成9年11月まで
  オプティマバッテリー以前はマツダ純正バッテリー使用

ロードスターのオプティマ交換前の純正サイズバッテリー
ロードスターの純正サイズの交換前バッテリー
バッテリー足元の固定金具とスペアタイヤを外すと作業が楽とのことです。



オプティマバッテリーを搭載し、配線を済ませた状態です。



Jフックを車両側に引っ掛けている部品です。



オプションのJフックは少し長いことが判明しました。
奥のJフックはカットした状態のJフックです。
手前はJフックの頭をカットしていない、もともとの長さのJフックで、
上端はボディに接触している状態です。

弊社では今後適度にカットして納品することに致しました。
2009年10月26日より実施






取り付けるに当たりマイナス側はソケットレンチでエクステンションバーを
使用すると楽に固定できます。


平成9年型のNA8Cに取り付け参考例


純正のトレイ等はそのまま使えます。画像に写っていませんが、純正より背が高い分
マイナス側のケーブルが窮屈な感じになるため、マイナス端子は仮締めして設置し、
バッテリー固定後にケーブルになるべく負担のかからない位置で本締めしました。
プラス側端子はまったく問題ありません。






付属Jフックとフェンダー内面とのクリアランスです。
IMG_0201は内面0位置としてスケールを当てたものです。
フックはすでにカット済みとの事で、問題なく取り付けができました。
ただ、取り付け後に内装カーペットを戻そうとすると出代が長いため
カーペットが引っ張られた状態となります。

車両個体差の吸収等の絡みがあるので難しいところではあると思いますが、
個人的には後10mm〜20mm程度短くてもOKなのでは?と思いました。


オプティマバッテリートップページへ



取扱いカーオーディオ、バッテリーの主要メーカー一覧です。

ソニー、ケンウッド、キッカー、ロックフォード、フォーカル、エクスタント、オーディソン、マッキントッシュ、ザプコ、オライオン、ダイアモンドオーディオ、エムビークォート、ジェイエルオーディオ、エーディーエス、ダイナオーディオ、イメージダイナミクス、マグナット、ボストン、モンスターケーブル、オーディオコントロール、ダイナマット、オプティマ、デノン、ファス、フェイズエボリューション、ブラックス、ヘリックス、サウンドストリーム、マックオーディオ、ミューディメンション、アゼスト、カロッチェリア、アルパイン、ナカミチ、カイラス、アークオーディオ、ファス、カモス、ミュゼ、ビーウィズ、ステッグ、ビーエーラボ、ネクボックス、エックスファイル、オプティマ、デカ、

ROCKFORD FOSGATE , KICKER , XTANT , AUDISON , Precisino Power , McIntosh ,ZAPCO , ORION , DAIAMOND AUDIO , MB QUART , FOCAL , JL AUDIO , ads , DYNAUDIO , IMAGE DYNAMICS , MAGNAT , BOSTON , Monster Cable , AUDIO CONTROL , SOUND STREAM , Dynamat , OPTIMA , SVR , DENON , , PHASS , PHASE EVOLUTION , BRAX ,HELIX , JBL ,  MAC AUDIO , KAILAS , ARC AUDIO ,  ADDZEST,carrozzeria , Nakamichi , ALPINE , SONY , KENWOOD ,PHASS ,COMOS , X file ,BEWITH , BA LABO , NECVOX , ZOUNDS , OPTIMA , DeKa  etc
Copyright (C) 2002 Sound Wave Meiwa. All rights reserved.